「無名」のハナコがコント王者に輝いた決定打

ずば抜けた表現力で「犬を演じる」岡部の功績

このように、ハナコの1本目のコントは設定に革新的な新しさがある傑作だった。しかし、チョコレートプラネット、わらふぢなるおが1本目で演じたのも、別の意味で画期的なコントだったため、三者が拮抗することになり、勝負は2本目に持ち越された。

「非現実な世界観」に振り切った2本目のコント

ハナコの2本目のコントは、制服を着た男子学生と女子学生が波打ち際でふざけ合うシーンから始まる。女子学生が男子学生に「私のこと、つかまえて」と声をかけて、駆け出していく。男子学生はあとを追って走り出すのだが、女子学生が全力疾走を続けていて、いつまで経っても追いつけない。ここから両者の追いかけっこが延々と続いていく。

1本目のコントが現実そのものを丁寧に描くネタだったのに対して、2本目はマンガっぽい非現実的な世界を描くものだった。こちらのネタでも核になっているのは、得体の知れない女子学生を演じる岡部の演技力である。彼女が何を考えているのかわからない、ということだけでどこまでもネタを引っ張り、最後にようやく追いつかれた女子学生は男子学生にキスをせがむ。男子学生が「女子ムズッ!」と叫び、彼女の訳のわからない行動を「女の子の考えることはよくわからない」という一般論に無理やり落とし込んで、ネタが締めくくられる。心地よい余韻が残る見事な結末だ。

チョコレートプラネット、わらふぢなるおが1本目よりも落ちる印象を与えてしまったのに対して、ハナコは1本目に負けないくらいのコントを演じて、高得点を獲得した。

ハナコは今年2月に事務所内で争われた『ワタナベお笑いNo.1決定戦2018』でも優勝するなど、その実力は業界内ではすでに知られていた。今回の『キングオブコント』で彼らが披露した2本のネタは、それぞれ「どこまでも現実をなぞるもの」と「どこまでも非現実の世界に飛躍していくもの」という対照的な特徴を持っていた。2本のコントで自分たちの芸の幅の広さを見せられたのが優勝という結果につながったのではないかと思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT