JR東が実演「指差し確認」は世界で普及するか

独国際見本市、日立は規模拡大の秘策を披露

9月18~21日にドイツで開催された国際鉄道見本市「イノトランス」で、JR東日本はシミュレーターを用いた乗務員訓練の模様を再現した(記者撮影)

「デパーチャー・シグナル、プロシード(Departure Signal, Proceed)」――。信号が青になっていることを確認すると、運転士と車掌が同時に指を差し、こう声を発した。日本語に訳せば「出発進行」だ。JR東日本(東日本旅客鉄道)はドイツ・ベルリンで9月18~21日に開催された国際鉄道見本市「イノトランス」に出展し、シミュレーターを使った乗務員訓練の模様を英語で再現した。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

シミュレーターを開発したのはミュージシャンの向谷実氏が社長を務める音楽館。鉄道ファンで知られる向谷氏だけに細部までこだわり、モニター上にはCGではなく実際の走行時の風景が表示され、より現実に近い訓練を行える。4年前のイノトランスに出展された新幹線シミュレーターも向谷氏が手掛け、モニターに映し出された時速320kmの世界に、来訪者の誰もが興奮した。

「指差し確認」を見た外国人の反応は?

そして今回。JR東日本は「テクノロジーが進歩しても日々の運行業務を担うのは人間だ」として、単にシミュレーターを展示するだけでなく乗務員訓練の公開に踏み切った。

大勢の外国人ギャラリーが、運転士と車掌の所作を興味津々の様子で見つめる。ぱりっとした制服、制帽を身に付けた乗務員が白い手袋で指差喚呼(しさかんこ)をする姿は日本ではおなじみの光景。鉄道業界では古くから行われており、近年では製造業、建設業など幅広い産業が取り入れている。

「指差喚呼によってヒューマンエラーの発生率が下がる」と、JR東日本の最明仁・国際事業本部担当常務は胸を張る。鉄道総合技術研究所は、1994年に行った実験で指差喚呼を行った場合は何もしない場合と比べ、作業の誤りの発生率が約6分の1に減少するという結果を得ている。

指差喚呼は英語で「Pointing and Calling」と訳される。ニューヨークの地下鉄は日本に倣って1996年に指差喚呼を取り入れた。だが、これはむしろ例外であり、指差喚呼が世界の鉄道業界に普及しているとはいえない。目で見て確認しているものをわざわざ指を差したり口に出す必要はないと海外の鉄道業界では考えられているようだ。あるいは、リスク削減は作業手順の改良ではなく、機器やシステムの改良で行うべきと考えているのかもしれない。このデモンストレーションによって、指差喚呼が世界中の鉄道会社に広がると考えるのは早計だろう。

JR東日本もこうした現状は把握している。同社は昨年12月からイギリスのウェストミッドランズ旅客鉄道事業の運営に参加しているが、「きちんと機能している現地のやり方をすぐに日本流に変えるつもりはない」(最明常務)。しかし、日本の新幹線方式が採用されるインド高速鉄道のようにゼロから作る鉄道であれば、最初から日本流の運行スタイルを取り入れることもできる。実際、2007年にやはり新幹線方式で開業した台湾の高速鉄道では日本流の指差喚呼が行われている。

次ページ乗務員はどのように準備したか?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。