震災復興に必要なのは、「ふまじめ」な思想だ

「課題先進地区」福島・浜通りを見つめた7年半

なぜこのような復興になってしまったのだろう。拙速な復興政策や、自立から遠ざかる賠償制度など、指摘できる問題も多々あるが、最大の原因が「思想の不在」だと筆者は考えている。どのような地域にしたいのか。そのために何をすべきなのか。そのビジョンが地域にないのだ。

復興とは文化による「地域づくり」

本来なら、そのビジョンをもとに再生事業の是非を問うべきだった。しかし、そのようなビジョンがもともとなく、課題の大きさゆえ、震災後にもそれを考える場が生まれなかった。

予算執行の期限などもあり、いたずらに地域の決断を急かしてしまった面もある。震災後の地域づくりに成功しているという被災地は、そう多くない。

復興とは、自分たちが持つ文化の力によって地域を再生し、自立していく、まさに「地域づくり」である。劇作家の平田オリザ氏は、自分たちで自分たちの文化を決め、それによって地域をつくろうという力を「文化の自己決定能力」と呼んだが、そのような復興を、被災地は成しえただろうか。これからは、文化を軸にしたまちづくり、思想のある地域づくりをしていかなければならない。復興の失敗を二度と繰り返さないためにも。

筆者は今年9月、本稿で書いたような主張や、これまでの活動で得られた経験を『新復興論』という本にまとめた。簡単に言えば、この地域で楽しく暮らす「ふまじめな」術を考えた本である。

うまいもの、楽しいことや面白い時間を遠くの人たちとシェアする。その先に思想が生まれ、地に足がついた復興が成しうるのではないか。そんな思いを込めて書いた。本のキーワードは「ふまじめ」や「外部」といった言葉だ。

次ページ当事者の範囲を広げること
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。