震災復興に必要なのは、「ふまじめ」な思想だ

「課題先進地区」福島・浜通りを見つめた7年半

地域の決断は、当然その地域の人たちによってなされるべきだと思う。けれどもそのプロセスは、「ソトモノ、バカモノ、ワカモノ(外部、ふまじめ、未来)」を切り捨てた決断であってはいけない。

時間的、空間的な外部の存在を受け止め、多様な視点を取り入れながら、地域の決断はなされるべきだ。

面倒な問題だからこそふまじめに実践する

そのような外部との交わりは、震災や原発事故の捉え直しにもつながる。震災や原発事故とはどのようなものだったのかを考えるには、当事者の範囲を広げなければならない。あの日東京にいた人も、福島になんらゆかりがないように見える人も、もしかしたら死者や未来の人たちすら、あの震災と原発事故で傷ついたかもしれない。当事者という壁を作ってしまうと、震災や原発事故の被害を限定、矮小化してしまうことにもなる。

『新復興論』(ゲンロン)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

魅力ある地域を作るため、より良い復興を成し得るため、そして、震災や原発事故の記憶を後世に伝えるため、私たちは、外部の声に耳を傾ける必要がある。

そのためのツールが、食・観光・文化芸術である。思わず来たくなる、思わず見たくなる。そんな「欲望」の先に、当事者性の壁をゆるやかに超える観光や、立場を超えた共感や連帯、外部の声や他者の存在に気づく「思想の種」のようなものが落ちている。

課題が大きいからこそ、面倒な問題だからこそ、まじめになるのではなく、あえてふまじめに実践する。その実践は、課題だらけの日本において、私たちが見失ってしまった「思想」を取り戻すための迂回路を作ってくれるはずだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。