働き方を変える「Slack」、急成長の舞台裏

会社の合い言葉は「しっかり働き家に帰ろう」

「現時点で使い道は決まっていないが、それは柔軟に使えるということでもある。私が生まれたのは1973年でちょうどスタグフレーションの時期だった。1992年には、不動産業を営んでいた私の父の会社が倒産した。金利が15%もあって多くの不動産屋が廃業に追い込まれた時代だ。

1991年に高校を卒業したときは不景気だったし、その後ネットバブルも経験しているし、破綻したリーマン・ブラザーズの株も持っていた。だから、景気は循環することを、身をもって知っている。資金調達しやすい環境で資金を得ることは、今後環境が悪化する可能性を考えるととても堅実なことだし、景気が悪くなったときに現金を持っていることは強みにもなる」

社風はアンチシリコンバレー的?

バターフィールドCEOの経営哲学は、スラックのオフィスや社風にも表われている。同社の合言葉は、「Work hard and go home(しっかり働き家に帰ろう)」。実際、サンフランシスコのオフィス街にある新社屋に、午後6時半に訪れてみると、ほとんど誰もいない。

今年4月に入居したサンフランシスコの新オフィス。全世界の従業員約1200人のうち、約500人がここで働いている。ちなみに”ご近所さん”はセールスフォース・ドットコム(記者撮影)

シリコンバレーやサンフランシスコのハイテク企業の“名物”と言えば、卓球台やゲームルームや、いつでも食べ放題の食堂などだが、スラックの本社にはこうしたものは一切ない。

バターフィールドCEOは言う。

「社員の多くは日常生活において、責任感や忠誠心を抱く対象がいくつかある。そのうち1つが会社であって欲しいと思うが、彼らにとっては家族のほうが大事なことも認識している。コミュニティの一員や一市民として、地域の行事に携わることもあるだろうし、宗教が大事な人もいる。

職場での時間を効率的に使って、プロ意識を持って働けば、誰だってちゃんと定時に帰宅できる。そういう会社であれば、より多くの対象者の中から採用できる。優秀な人で子育てをしている人は少なくないからね。

それに、そういう働き方のほうがより生産的でもある。だいたい人が1日において徹底的に集中して仕事をできる時間はかぎられている。その生産性の高い時間にしっかり働き、あとは休んでもらったほうが、卓球時間3時間を挟んで16時間働いてもらうよりずっといい」

だからと言って、日本のオフィスにありがちな無味乾燥な感じでもない。10階建ての新社屋では、それぞれのフロアに「砂漠」や「海」といったテーマがある。

アート好きで知られるバターフィールドCEO。社内のいたるところにアートが(写真:スラック提供)

たとえば砂漠がテーマのフロアの壁はしっくいだったり、サボテンが並んでいたりと、かなり本格的。デザインの仕事をしていたことがあるバターフィールドCEOはアート好きでもあり、各フロアには若手アーティストの作品が数多く飾られている。

次ページ食堂の方針も「非常識」だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。