日経平均わずか2円高、でも当面は上昇継続?

高値警戒感や「石破氏健闘」が上値押さえる

 9月20日、東京株式市場で日経平均は小幅に5日続伸した。前日の米国株市場でダウやS&P総合が上昇した流れを引き継ぎ、朝方から底堅く推移。上げ幅は一時100円を超えたが、直近の上昇ピッチが速く、高値警戒感が上値を抑えた。写真は都内で2015年4月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 20日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に5日続伸した。前日の米国株市場でダウやS&P総合が上昇した流れを引き継ぎ、朝方から底堅く推移。上げ幅は一時100円を超えたが、直近の上昇ピッチが速く、高値警戒感が上値を抑えた。自民党総裁選は安倍晋三首相が3選を決めたものの、石破氏が予想以上に票を伸ばしたことで、日経平均は下げに転じる場面もあった。大引けはわずかながらプラス圏に戻した。

TOPIXは前日比0.11%高で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆9830億円だった。業種別では米長期金利の上昇を背景に銀行が買われた。その他製品、非鉄金属、鉄鋼なども高い。半面、パルプ・紙、空運、食料品などが安かった。市場では「マーケットが悪材料に鈍感になっている点は気がかりだが、オプション市場を含めて売り方は依然カバーする機会を狙っている。需給面を考えれば、しばらくは下げにくい状況が続く」(内藤証券投資調査部部長の浅井陽造氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、任天堂<7974.T>が3日続伸した。同社は19日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けのオンライン有料サービスを始めた。「軌道に乗れば収益拡大につながる」(国内証券)と評価した買いが続いている。半面、西松屋チェーン<7545.T>が軟調。19日に発表した2018年3―8月期単体業績予想の下方修正を嫌気した。純利益は従来の増益予想が一転減益となる。ベビー・マタニティ用品、子供衣料が伸び悩んだ。

東証1部の騰落数は、値上がり1090銘柄に対し、値下がりが932銘柄、変わらずが86銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      23674.93 +2.41

寄り付き    23752.79

安値/高値   23582.15─23781.75

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1787.6 +1.94

寄り付き     1793.56

安値/高値    1781.04─1793.83

 

東証出来高(万株) 167342

東証売買代金(億円) 29830.59

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT