南北首脳「戦争の脅威解消」で合意

金委員長は年内にソウル訪問へ

 9月19日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、朝鮮半島を核兵器のない場所にすると表明し、ソウルを訪問することに同意した。写真は平壌で握手する金委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領。写真はロイターTVの映像より(2018年 ロイター)

[19日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は19日、朝鮮半島を核兵器のない場所にすると表明し、ソウルを訪問することに同意した。金委員長と平壌を訪れた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3回目となる南北首脳会談を2日間にわたって開催した。

首脳会談後の共同会見で、韓国の文大統領は、南北首脳が朝鮮半島におけるあらゆる戦争の脅威を取り除くことで合意したと表明。南北首脳は非核化に向けた措置でも合意したと述べた。

また、文大統領は、金委員長のソウル訪問は、想定外の状況にならなければ年内になると語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。