北朝鮮に接近する「ロシア正教会」の思惑

金正恩氏を平壌の聖堂に招待

ロシア正教会が伝えたところでは、総主教はロシア駐在の金衡俊・北朝鮮大使、および駐ロシア北朝鮮大使館の職員とも面会した(写真:北朝鮮ニュース)
本記事はNK News(北朝鮮ニュース)の翻訳記事です

ロシア正教会のキリル総主教が、10月に平壌へ使節団を派遣する意向を明らかにした。北朝鮮とロシアの国交70周年を祝賀する目的。ロシア正教会が発表した。

総主教はモスクワで北朝鮮のロシア正教会関係者と会談した際に、北朝鮮に使節団を派遣する計画を公表。会談で総主教は、北朝鮮におけるロシア正教会の存在に対する金正恩朝鮮労働党委員長の「関心」について個人的に感謝し、金委員長を北朝鮮初のロシア正教会聖堂「聖三位一体聖堂」に招待した。

金氏の同意が得られれば使節団の派遣も

総主教は金委員長による聖三位一体聖堂の訪問は「極めて重要なイベントとなる」ため、正恩氏の同意が得られるのであれば、使節団を派遣したい、としている。

面会の様子(ロシア正教会が「ユーチューブ」にアップした動画をキャプチャー)

ロシア正教会が伝えたところでは、総主教はロシア駐在の金衡俊(キム・ヒョンジュン)北朝鮮大使、および駐ロシア北朝鮮大使館の職員とも面会した。面会の様子はロシア正教会が動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップした動画からも確認できる。

北朝鮮大使および同大使館職員と面会した総主教は、4月の南北首脳会談や6月の米朝首脳会談をはじめとする最近の対話路線を評価。発言は政治関連の話題にも及び、こうした外交プロセスには「ロシアも加わることができたし、そうすべきであった」と述べた。

次ページ金正日氏がモスクワで目にした聖堂を気に入った
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。