北朝鮮に接近する「ロシア正教会」の思惑

金正恩氏を平壌の聖堂に招待

「ロシア正教会としては、信者同士の交流など、二国間関係を人道面から発展させ、強化する用意がある」(キリル総主教)

総主教はさらに北朝鮮がハバロフスク神学校に留学生を派遣し、最近4人が同神学校で学んだことに触れ、ロシア正教会に対する北朝鮮の協力を持ち上げた。

「北朝鮮で正教会の聖職者が誕生したことによって、同地の信者の要望は満たされるであろう」と総主教は述べた。

現在、ロシア正教会最高位にあるキリル総主教は、2006年にスモレンスク・カリーニングラード府主教として平壌を訪問。北朝鮮における初のロシア正教会聖堂「聖三位一体聖堂」の落成を祝った。

北朝鮮は「信教の自由は守られている」と主張

ロシア正教会の対外関係部門によると、平壌南部にある聖三位一体聖堂は北朝鮮の前最高指導者、金正日(キム・ジョンイル)氏による2002年のモスクワ訪問をきっかけに建設が決定。ロシア正教会がこれを支援した。

平壌南部にある聖三位一体聖堂の開会5周年の2011年、祈りを捧げるロシア正教会の総主教(写真:ロシア正教会)

金正日氏はモスクワで目にしたロシア正教会の聖堂が気に入り、北朝鮮にも聖堂を「建設したいと希望した」もようだ。

しかし、聖三位一体聖堂は北朝鮮国民ではなく、もっぱらロシア人によって利用されてきた。駐北朝鮮ロシア大使館の職員が、その代表だ。北朝鮮は憲法で信教の自由をうたってはいるが、現実には国民がこのような権利を行使することはできない。

アメリカ国際宗教自由委員会(USCIRF)が2018年に公表した報告書によれば、北朝鮮は「国営の礼拝施設に対して絶対的な影響力を持ち、信教の自由があるかのように装っている」。

USCIRFは北朝鮮を「特に懸念すべき国」の中でも特に注意を要する国に分類。「北朝鮮政府は信教の自由に対して、世界で最も敵対的かつ抑圧的なスタンスをとって」おり、「信教の自由は北朝鮮には存在しない」と述べている。

北朝鮮はこうした批判を真っ向から否定し、信教の自由は「法によって完全に保障されている」と主張し続けている。USCIRFの報告書によると、北朝鮮には前述のロシア正教会聖堂のほか、プロテスタント教会が3つ、カトリック教会が1つの合計5つの教会が存在し、すべてが国営であることがわかっている。

2012年には平壌にイスラム教のモスクも造られたが、これは駐北朝鮮イラン大使館の構内にある。

(文:コリン・ズワーコ)

筆者のコリン・ズワーコ氏は北朝鮮ニュースの記者で、韓国ソウルを拠点とする。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。