19日の日経平均株価、寄り付きは334円高

アメリカの株高や円安が支え、大幅続伸

 9月19日、寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比334円42円高の2万3754円96銭となり、大幅続伸で始まった。写真は都内の株価ボード前で2013年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 19日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比334円42円高の2万3754円96銭となり、大幅続伸で始まった。その後も小じっかりとなっている。

米中間の追加制裁関税の応酬があったにもかかわらず、前日の米国株市場は堅調に推移。ドル/円も112円前半で安定しており、安心感が出ている。

幅広い業種が買われ、保険、鉄鋼、機械、石油・石炭製品などが値上がり率上位。半面、電気・ガス、空運は弱い。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT