実験でわかった「貯金をできる人」になる方法

エチオピアで零細企業家426人を対象に実験

また、彼らは貯蓄の意志もあり、さまざまな貯蓄手段も利用可能なことが多い[3][4][5][6]。たとえば、日本の無尽や頼母子講のように、仲間同士で定期・不定期にお金を持ち寄り、あらかじめ定めたルールに従ってそれを分配する仕組みなどがそれに当たる。

それでは、こうした零細企業家たちはなぜうまく貯蓄できないのだろうか。

まず、金融の仕組みや利用可能な金融サービスについてよくわかっていないために、うまく貯蓄できず、せっかくの投資の機会を逃すということがありうる。さらに、商売が思うようにいかず、金融サービスを利用する機会からますます遠ざかるという可能性もある[7][8][9]。

また、零細企業家はとても忙しく、いつも貯蓄のことだけを考えているわけにはいかない。生産や販売など処理すべき経営問題は山のようにあるし、家事の分担や子どもの教育など家庭の問題、友人や近所とのつきあいなど、日々いろいろなことに頭を悩ませている[10]。

既存の研究ではわからない

今回の執筆者:真野裕吉(まの ゆうきち)/一橋大学大学院経済学研究科准教授。1999年東京都立大学卒業。2007年シカゴ大学経済学部で博士課程修了(Ph.D)。政策研究大学院大学を経て、現職。専門は農業生産性の向上や産業発展、教育や医療の普及など、発展途上国の貧困を解消するための方法を研究する開発経済学(写真:真野裕吉)

最初は立派な貯蓄計画を立てても、冠婚葬祭への支出や[11]、親戚や友人からの無心[12][13]、あるいは、ついタバコやギャンブルの誘惑に負けて、貯蓄に失敗してしまうこともある。

不慣れな帳簿をつけるのがだんだん面倒になり、余剰金の管理ができなくなることもある[14]。忙しい中で貯蓄をするのはこのようになかなか苦労があるのだ[14][15][16][17][18]。

これまでの研究では、貯蓄がうまくいかない原因として、こうした知識不足と注意不足のいずれか一方のみに注目することが多かった。しかし、これら2つの重要性を互いに比較、あるいは両者を合わせた総合的な効果を検証する研究はあまりみられなかった。

次ページ実験でわかったこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT