手ごわい頭脳 アメリカン弁護士の思考法 コリン P・A・ジョーンズ著

手ごわい頭脳 アメリカン弁護士の思考法 コリン P・A・ジョーンズ著

「女子学生との性的関係はない」。不倫疑惑を釈明したロースクール出のクリントン元大統領は、後でそのウソを問われると、「『過去形』でなく『現在形』で答えた。返事の時点で『ない』から、ウソではない」との趣旨の弁明をしたという。「言葉を操る」。これはアメリカの弁護士が使うテクニックの一つだ。

「論理の筋道を合理的に考える」「前例を攻撃する本能を持つ」「法律を判例で作り出す」など、本場の「リーガルマインド」を、日本の大学で教鞭を執る弁護士が紹介する。「訴訟社会」とアメリカへの批判が日本ではあるものの、依頼者の利益と市民の自由を「法律を道具に守る」という重要な役割を弁護士が担っていると、筆者は強調する。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?