景気ってなんだろう 岩田規久男著

景気ってなんだろう 岩田規久男著

景気が悪くなるのは、消費、設備投資、輸出など需要が減ったり、伸びが企業の期待ほどでなかったりするため。その安定化を図るには財政政策(公共投資の増加と所得税減税)があるが、効果は低下している。金融政策によれば貸出金利の低下によって企業投資や住宅投資を直接に、株価や地価に対する資産効果で間接的に刺激でき、円安効果もある。ただ、金利が十分に下がらず、また弱気の見方が支配的だと景気刺激効果は弱い。

景気とはなにか、景気はなぜ変動するのか、景気の後退を防ぐ、また回復させる政策にはどういうものがあるか、をサブプライム問題などトピックに触れつつ経済学者が易しく解説。イワタ流独自の景気動向指数の見方を付論。

ちくまプリマー新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。