景気ってなんだろう 岩田規久男著

景気ってなんだろう 岩田規久男著

景気が悪くなるのは、消費、設備投資、輸出など需要が減ったり、伸びが企業の期待ほどでなかったりするため。その安定化を図るには財政政策(公共投資の増加と所得税減税)があるが、効果は低下している。金融政策によれば貸出金利の低下によって企業投資や住宅投資を直接に、株価や地価に対する資産効果で間接的に刺激でき、円安効果もある。ただ、金利が十分に下がらず、また弱気の見方が支配的だと景気刺激効果は弱い。

景気とはなにか、景気はなぜ変動するのか、景気の後退を防ぐ、また回復させる政策にはどういうものがあるか、をサブプライム問題などトピックに触れつつ経済学者が易しく解説。イワタ流独自の景気動向指数の見方を付論。

ちくまプリマー新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。