初栄冠の楽天を襲う“マー君移籍”の試練

堅実経営で球界を変えた楽天、来季も維持できるか

ドラフトは高校生狙い

エースであると同時に、営業面でもチームの顔である田中の穴を、いかに埋めるのか。日本一達成の10日前、来季以降を占ううえで、興味深い選択がなされている。新人選手を獲得するドラフト会議で、桐光学園の松井裕樹を1位指名したのだ。計5球団による抽選で左腕投手の当たりくじを引き当てた立花社長は今夏、本誌取材にこう話している。「長い目で球団運営を見た場合、18歳から在籍してくれたほうがいい。うちのコアになる選手を取り続けたほうがファンに愛されるし、球団に長くいてくれる」。

それまでの楽天はドラフト1位で即戦力の指名を続けてきたが、立花社長就任以降、森雄大、松井と二人続けて高校生投手を指名した。高い潜在能力を秘め、看板になれる投手──つまり「第二の田中」を求めているのだ。

エースの穴を埋めるのは容易ではない。しかし長期的視座に立ち、「第二の田中」を作るための手は打ってある。彼らの才能が花開くまでの間、則本昂大や銀次ら今季台頭した戦力が中心となり、上位争いを続けることができるか。勝利の快感を知ったファンを引きつけるためには、向こう数年の成績が重要になりそうだ。

今後もメジャーリーグへの移籍を目指す選手は出てくるだろう。主力の離脱でチーム力を落とさないためには、今年のように若手の台頭してくるサイクルを作ることが重要だ。一度きりの栄光に終わらず、常勝軍団の地位を固めて黒字化を果たすためには、ブレずに長期戦略を続けていくことが大切になる。

(週刊東洋経済11月16日号(11月11日発売))

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT