ローソン、「夜間の品ぞろえ」充実作戦の勝算

欠品解消に向け、商品の発注時間を大幅変更

こうした状況を改善すべく、昨年末から発注時間変更に向けて動きだした。ローソンの物流を担う三菱食品の協力を得て、食品メーカーや配送会社など280もの取引先と、作業時間やトラックの配送時間の調整を進めてきた。ローソンがここまで大規模なサプライチェーン改革を実施するのは実に30年ぶりのことだ。

セブン‐イレブンでは以前から発注の締め切りを1日3回設定しており、ローソンが追随した格好となる。ただセブンの場合、特定の時間帯の発注を意図していないが、ローソンでは夕夜間に合わせた便で全体の半分程度の商品の発注を推奨している。改革以降、夕夜間のおにぎりや弁当などの店頭在庫数は平均で15%増加。翌日の朝食を購入する客も増え、夕夜間の客単価は1%上昇したという。

夜間シフトを見直す可能性も

ローソンの日販(1日当たり1店売上高)は、首位のセブンと10万円以上の差があり、その差は一向に縮まっていない。竹増貞信社長は「朝と昼の時間帯はトップチェーンに負けていない。差があるのは夕夜間だ」と繰り返し強調してきた。夕夜間を意識して総菜などのカウンター商品を強化してきたが、目立った成果は乏しかった。

当記事は「週刊東洋経済」9月15日号 <9月10日発売>からの転載記事です

今回の発注時間変更で少しずつ効果は出始めているが、課題も残る。夜間の発注作業が必要になったことで、「正確に発注ができる人材を配置しなくてはならない」(都内でローソンを15店舗運営する鈴木俊介氏)。店舗によっては夜間の従業員のシフト全体を見直す必要も出てくるだろう。

店頭在庫が増えれば廃棄リスクも高まる。加盟店に浸透するには、ハードルはまだありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT