ローソン、「夜間の品ぞろえ」充実作戦の勝算

欠品解消に向け、商品の発注時間を大幅変更

都内のあるローソン店舗では夕方に商品が届くと、欠品が目立っていたケースがたちまちいっぱいになった(記者撮影)

8月下旬の夕方、都内のあるローソン店舗に足を運んだ。以前は空きが目立っていたおにぎりや弁当の売り場には、ぎっしりと商品が並べられていた。

長年の課題としてきた夕食需要の取り込みに向け、ローソンがようやく本腰を入れ始めた。6月上旬からおにぎりや弁当、サンドイッチなどの発注時間変更に踏み切ったのだ。

発注回数を2回から3回に

コンビニエンスストアでは、加盟店が売れ行き動向を予測して本部に商品を発注する。エリアによって異なるが、弁当などは1日3回配送されるケースが多い。これまでローソンでは22時以降に納品される第1便を当日の朝9時までに、朝6時半以降と13時半以降に納品される第2・第3便を前日の14時までに発注する必要があった。

ローソンは平日の夕方以降に揚げ物などを2個購入すると20円割引といった販促を展開している(記者撮影)

今回、大きく変えたのが13時半以降に納品される第3便だ。発注の締め切りを8時間後ろ倒しして、前日の22時へと変更した。これまでは取引先の生産体制や物流体制を考慮し、1日2回の発注にとどめてきた。が、主に夕方・夜間の商品を担う第3便は発注から納品までの時間が長く、十分な品ぞろえができていなかった。

加盟店側では、廃棄が出れば自らの負担になるため、売れ行きが読みづらい第3便の発注数を絞る傾向もあった。

次ページ夜間強化に伴う課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT