北海道で起きた最大震度7地震の甚大影響

厚真町では大規模な土砂崩れ

停電となり道端に座り込んで顔を覆う女性 = 6日午前3時43分、札幌市中央区(写真:共同通信)

[東京 6日 ロイター]9月6日午前3時8分、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生した。これにより多くの家屋が倒壊し、多数の人が負傷。広範な範囲で停電が発生している。

気象庁は津波の危険性はないとしている。アメリカ地質調査所は、北海道の主要都市である札幌の南東・約68キロ(42マイル)が震源であると発表した。厚真町では大規模な土砂崩れが発生している。

安倍晋三首相は午前6時前に首相官邸に到着し、記者団に対し、政府は最優先課題である人命救出のために緊急対策本部を設置したと語った。地震の影響で、停止中の北海道電力泊原子力発電所で外部電源が喪失したものの、非常用電源により電気供給は続いており燃料棒の冷却に問題はない、と菅義偉官房長官は述べた。

根室市の三菱製鉄所工場で火災が発生したが、大部分は鎮火されているという。

日本は「地震の列島」

日本列島は、世界で発生するマグニチュード6以上の地震の約20%を占めている「火山と地震の列島」である。

安平町の様子(写真:Kyodo/via REUTERS)

2011年3月11日には、日本で記録された最も強力な震災が、仙台北部の海岸沿いの海底で発生した。この地震は、太平洋沿岸のおよそ2万人の命を奪う大規模な津波を引き起こした。

津波はまた、福島第一原子力発電所を襲い、過去25年間で最悪の原発事故を招いた。

9月1日には関東大震災95周年を迎えている。この震災では関東地方を直撃し、およそ14万人が死亡した。地震学者は、そのような首都直下型地震がいつ発生してもおかしくないと指摘している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。