「ブラジルの悲劇」は、起こるべくして起きた ブラジル国立博物館の至宝が焼失した必然

印刷
A
A
火災から一夜明けたブラジル国立博物館の外観。収蔵されていた膨大な資料が焼失した(写真:REUTERS/Pilar Olivares)

[リオデジャネイロ (ロイター)] – 9月2日夜、貴重な歴史的遺産を豊富に収蔵するブラジル国立博物館が火災で焼失し、ブラジル国内は悲しみに包まれた。この博物館は、スプリンクラーシステムがなく、長年にわたって財政不安にあえいでおり、今回の火災は「起こるべくして起こった悲劇」となった。

9月3日朝、かつて王宮であった建物の正面は倒壊せずに焼け残っていたものの、巨大な窓の中では、黒く焼けた廊下の屋根を失った内装、焦げて火がくすぶっている梁が露わになっている様子がうかがえた。時折、なんとか救出に成功した壺や絵画を持って、消防士が姿を現した。

火災の原因は不明

当局は、9月2日夜の火災の原因がいまだに不明であると話した。

2000万点におよぶ収蔵品が破壊されたと思われるこの博物館で働く研究者、学生、その他職員たちは、壊れた建物の外でそれぞれ少人数のグループで集まり、互いに慰め合い、そして涙を拭っていた。

この火災によって、ブラジル国民は感情を揺さぶられている。予測不能な大統領選を10月に控え、ブラジルの怒れる有権者は、脆弱な経済、蔓延する汚職、増え続ける凶悪事件に困惑を隠せないでいる。

博物館のルイズ・デュアルテ副館長は、同博物館が歴代の連邦政府から放置され続けてきたこと、さらに6月に発表された2160万レアル (400万ポンド) の財政支援計画には、皮肉にも近代的防火設備の設置が含まれていたことをグローボTVに語った。

次ページ消火栓に水が通じていなかった
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT