現状打破へ、JTBとLCCがランデブー パック旅行拡大で格安航空の”アキレス腱”を克服

印刷
A
A

リアル店舗での販売では圧倒的なガリバーであるJTBも、ネット予約では出遅れており、楽天トラベル、じゃらんの2強を追う立場。一方のジェットスターも「ほかのLCCが独立志向なのに対し、われわれは積極的な提携戦略で差別化を図りたい」(コスカーCCO)としており、互いの弱点を補いたい両社の思惑が一致した形だ。

成田を拠点に18機を保有するジェットスターは、来年には24機への増強を計画。JTBとの提携には国内便だけではなく、海外便でのダイナミックパッケージ化も含まれており、「時期を見て商品化を検討したい」(今井社長)としている。

需要掘り起こしは時間との闘い

日本の空の便に占めるLCCのシェアは約5%。諸外国が3割程度であることを考えると低い水準だが、逆に見れば、それだけ潜在的な市場が大きいことを示している。

i.JTBの今井社長は、LCCを使うことによって気軽に地方まで旅行しようというニーズが掘り起こせると見ている。JTBのネットにおける2013年度の販売計画800億円のうち、ダイナミックパッケージは約10%にとどまるが、2015年度には20%まで引き上げることを目標にしている。

問題は、LCC各社の経営体力がそれまで持つかどうか。2013年6月期には88億円の最終赤字を計上し過小資本となっていたジェットスターは、大株主のカンタス航空、JALから無議決権株で110億円の増資を受けると発表している。増資資金で設備増強を行うが、増便による顧客拡大と搭乗率の改善が進まないかぎり、低空飛行から抜け出す道は開けない。どれだけ早く需要を掘り起こせるか、時間との闘いになる。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT