チムニーは3度目の"結婚"で幸せになれるか

酒販チェーンが居酒屋業界の"暴れ馬"にTOB

カーライルはチムニーの再上場によって約80億円を手にした。さらに、今回のTOBによって、約140億円が手元に転がり込む。MBOに際して約200億円を投じたが、そのうちの半分は借入金としてチムニーが背負うことになり、カーライルの負担は約100億円。つまり、カーライルは一連のチムニー株の売却によって、120億円近いリターンを手にすることになる。

協調路線を歩めるか

和泉社長はかつて東洋経済の取材に対し、「チムニーはずっと親会社の戦略に翻弄されてきた。独立企業として自分たちがどうやっていくかを考えてMBOを選んだ」と答えていた(参考記事:「上場廃止したチムニーが再上場した真意」)。

再び事業会社の傘下に入ることになったチムニー。理想的なパートナーとして、やまやと共存共栄の道を歩むのか。それとも、かつてのような資本政策の迷走が再び繰り返されるのか。まずはTOB成立後に本格化するという協業の検討作業が、両社のパワーバランスを読み解くヒントになるはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT