豊作なのに喜べない、コメ卸の苦しい事情

新米商戦が本格化、店頭価格は1割安でスタート

2013年は豊作の見通し(写真:アフロ)

新米商戦が本格化する中、スーパーなどの店頭でコメ価格が値下がりしている。ある大手スーパーの秋田県産「あきたこまち」の新米価格は5キログラムで1980円。およそ1年前に比べて13%下落している。新潟県産「コシヒカリ」も2080円と12%下がった。

全国農業協同組合連合会(全農)が卸業者に販売する価格(相対価格)も、秋田県産あきたこまち(玄米60キログラム)は直近で1万4600円と8月時点の1万6822円に比べて約12%値下がりし、新潟県産「コシヒカリ」は1万6300円と約9%安い。

つまり相対価格の下落が、店頭価格の値下がりにつながっているのだ。ある卸業者の幹部は「相対価格はもっと下がるだろう。2010年の水準(秋田県産「あきたこまち」で1万2500円程度)まで落ちる可能性もある」という。

大量に余っている前年産米

卸業者が大幅な価格下落を見込む理由は、コメの供給が需要を大きく上回っていることにある。農林水産省が発表している2013年産水稲の作況指数は102の「やや良」で、豊作の見通し。主食用米の収穫量は824万5000トンと予想している。同省は需要の見通しを786万トンと見ており、需給がかなり緩むと見られている。

それだけではない。実は、卸業者は前年の12年産米の在庫を大量に抱えているのだ。卸業者が持つ在庫の合計は8月末で21万トン。これは前年比で6割も多い。過去2年、コメは高値で取引されてきた。10年産米の平均価格1万2,711円から11年産米は1万5,215円に、12年産米はさらに1万6,500円前後と過去にない高値を付けた。

きっかけは2011年の東日本大震災だ。その後、コメの供給不足の懸念が高まったことを受け、全農はコメを集める際に農家へ支払う前払い金を2012年に前年比で2割程度積み増し、コメをかき集めた。それに伴って、卸業者への販売価格である相対価格も上昇した。

次ページ需要は右肩下がり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT