「いつも忙しい」とグチる営業に足りない視点

普段の仕事には80%の力しか使わなくていい

お客さまから信頼の厚い営業マンが行っていることとは?(写真:タカス/PIXTA)  
営業、交渉力などの研修講師として5000人以上を指導してきた大岩俊之氏による連載「すぐに使える営業の心理学」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

デキる営業マンはいつも余力を残している

今回のテーマは、シリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した「パーキンソンの法則」です。

パーキンソンの法則とは、

第1法則
仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

第2法則
支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

パーキンソンの法則には、第1法則と第2法則があります。今回は、第1法則のほうを取り上げ、「パーキンソンの法則」を活用すると、日頃の営業活動にどのような影響を与えるのかを見ていきます。

みなさんは、会社で仕事をしていると、このような経験はないでしょうか?

・スケジュールが、いつの間にか埋まっている
・余裕を持ったはずのスケジュールが、パンパンになっている
・忙しいときに限って、さらに仕事が増える
・緊急事態が起こると、予定がぐちゃぐちゃになる

たとえば、1時間で終わる仕事があったとします。全部で2時間の余裕があったとしたら、結局、1時間の仕事に2時間使うことになります。ゆっくり作業を行うこともあれば、さらによい出来に仕上げようと工夫することもあります。

次ページ与えられた時間を仕事で埋めてしまう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。