嫌な人のことを考え続けるなんてムダすぎる

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」

人間関係で嫌な思いをして、モヤモヤを引きずることがありました。心理学の本で、嫌なことをした相手は何をしたかも覚えていないから、考えるだけでも無駄だと学んだけど、なかなか気持ちを切り替えられるものではなく……。

そんなとき、友人から言われたこのひとことは、妙な説得力がありました。

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」

その言葉を聞いたとき、嫌な相手のためにどんなに真剣になっても、自分が気にした分だけ、相手も真剣に自分のことを気にしてくれるわけじゃないんだと、ハッとしました。真剣になるのは、自分にとって本当に大事なことのためだけでいいんです。恋するように、寝ても覚めても、嫌な相手のことを考える必要はありません。

「今ごろパフェとか食ってる」

なぜか心がスッとする魔法の言葉です。

「嫌な相手への怒りが収まらないときだってある」

(イラスト:『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 』より)

トラブルがあったときは、きちんと相手に気持ちを伝え、その都度解決していくのが一番ですが、人生ではそうもいかないときがあります。

次ページできるだけ早く忘れてしまう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。