嫌な人のことを考え続けるなんてムダすぎる

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」

社会的立場で逆らえない人だったり、怒ると暴力を振るうタイプの人だったり。私はそういう人のことは、できるだけ早く忘れてしまうことにしています。

問題の直接解決にはなりませんが、まずは心の平穏を保たないと、自分が壊れてしまうからです。

怒りという呪いから自分を解き放つには?

怒りを抱えているときって、自分の頭の中では相手と戦っているイメージなのですが、実際はシャドーボクシングで自分だけが頭の中で架空の相手と戦っています。

しかも、自分にとって一番嫌な姿で思い出すので、傷つけられた言葉を何度も思い出したり、本来そんなに強くない相手だったのに、ものすごい強敵になっていたり。そして大抵は、実際よりも嫌なやつになっています。

そうやって怒りをため込むうちに、仕返ししたい気持ちになったり、同じ目にあわせたいと思ったり、罰が当たればいいのに……とか、こうなるともう呪いです。

人を呪わば穴二つといいますが……はけ口のない怒りは、やがて、そういうことを考える自分に戻ってきます。

人の不幸を願ったことに対して罪悪感を抱いたり、やり返せないタイプの人は、人より自分を責めてしまうことが多い気がします。仮に相手と同じことをやり返せたとしても、心底スッキリはしないと思います。なぜって、それは自分が嫌だったはずの嫌なやつそのものだから。

今まで憎んで恨んでしまった分、今度は自分にそれが返ってくると思うと、とても怖くなると思います。嫌なやつのために、自分を傷つけたり、同じように嫌なやつになる必要はありません。だから、嫌いな人のことは、できるだけ早く忘れてしまうのがいいと思います。

どうやって忘れるかは人それぞれですが、私の場合は許してしまうことが多いです。いろいろ試したのですが、それ以外のどの方法をとっても、心のモヤモヤが晴れませんでした。

次ページ相手を許す自分を許す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GW10連休は<br>分厚い本を読もう

長い休みには、普段は手が出ない分厚い本、時間をかけて咀嚼が必要な本を読むのはいかが。本誌の書評者など12人が「自分が読み返したい本」「読者にお薦めの本」を選書。さらに「これから読みたい本」も。 ピンときたら、いざ書店へ!