「シーリングライト」を再発明するとこうなる

「popIn Aladdin」は新境地を拓けるか?

「popIn Aladdin(ポップイン・アラジン)」は天井のシーリングライト用アダプタにぶら下げて使う新しいタイプのスマートデバイスだ(写真:popIn)

今年の上半期、クラウドファンディングサイトのMakuake(マクアケ)でもっとも多くの資金を集めたプロダクトが「popIn Aladdin(ポップイン・アラジン)」だ。

単価の高いハードウェア製品ということもあるが、約7500万円を集めて注目を集めた。昨年10月に米KickStarterで集まった資金を含めた約1500万円を合わせた9000万円で開発をすすめ、今年10月から一部の大手量販店舗での販売を開始。11月1日には全国での発売を開始する。

このポップイン・アラジン。いったいどのような特徴を持ったハードウエアなのだろうか。

天井に設置できるのが大きな特徴

このハードウェアは、小型DMD素子(アメリカのTIが開発しているプロジェクター向けマイクロディスプレイデバイス)を用いたホームプロジェクター、Androidを元にしたコンテンツ再生端末、Bluetoothスピーカー、色温度や照明の強さを調整できるLEDシーリングライトを組み合わせた製品だ。

シーリングライト用のアダプタを添付することで、ホームプロジェクターで問題となる設置場所、電源配線などの問題を解決する。誰でも簡単に天井に設置できる点が最大の特徴といえるだろう。

既存技術を組み合わせ、新しいジャンルを開拓した製品という、実にクラウドファンディングらしいアイデア商品だが、製品を開発したのが利用者向けに最適な情報を届けるリコメンドサービスを本業とするpopIn(ポップイン)というところが実に興味深い。

まず、簡単にポップインという会社について紹介しておこう。

次ページ程涛氏が留学中に起業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。