英仏漁船が体当たりする「ホタテ戦争」の熾烈

フランスの漁師らが実力行使

 8月29日、イギリス海峡で英仏「ホタテ戦争」がぼっ発した。英国の漁船2隻がノルマンディ沖の公海上でホタテ漁を始めたことに仏漁師が激怒。28日に40隻の船が出て、互いの船体をぶつけたり、石を投げつけるなどの騒ぎに発展した。写真は提供されたビデオから(2018年 ロイター/France 3 Caen)

[パリ 29日 ロイター] - イギリス海峡で英仏「ホタテ戦争」がぼっ発した。英国の漁船2隻がノルマンディ沖の公海上でホタテ漁を始めたことに仏漁師が激怒。40隻の船が出て、互いの船体をぶつけたり、石を投げつけるなどの騒ぎに発展した。

英国の漁船は年間を通じてホタテ漁を行っても合法だが、フランスの法律は10月から5月の間までしか認めていない。長年これを足かせだと捉えてきたフランスの漁師らが実力行使に打ってでた。

幸いけが人はいなかったが、漁船3隻に被害が出た模様。

フランス側漁業団体の代表は29日、英国側の代表が早急な話し合いを提案しており、数日中にフランスで会合が持たれると述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。