英仏漁船が体当たりする「ホタテ戦争」の熾烈

フランスの漁師らが実力行使

 8月29日、イギリス海峡で英仏「ホタテ戦争」がぼっ発した。英国の漁船2隻がノルマンディ沖の公海上でホタテ漁を始めたことに仏漁師が激怒。28日に40隻の船が出て、互いの船体をぶつけたり、石を投げつけるなどの騒ぎに発展した。写真は提供されたビデオから(2018年 ロイター/France 3 Caen)

[パリ 29日 ロイター] - イギリス海峡で英仏「ホタテ戦争」がぼっ発した。英国の漁船2隻がノルマンディ沖の公海上でホタテ漁を始めたことに仏漁師が激怒。40隻の船が出て、互いの船体をぶつけたり、石を投げつけるなどの騒ぎに発展した。

英国の漁船は年間を通じてホタテ漁を行っても合法だが、フランスの法律は10月から5月の間までしか認めていない。長年これを足かせだと捉えてきたフランスの漁師らが実力行使に打ってでた。

幸いけが人はいなかったが、漁船3隻に被害が出た模様。

フランス側漁業団体の代表は29日、英国側の代表が早急な話し合いを提案しており、数日中にフランスで会合が持たれると述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT