くまモンが変えたマジメな公務員という呪縛

その裏側では恐る恐る一歩を進めている

ですが、くまモンとの仕事においては、法律も条例も先例すらなく、ひたすら試行錯誤の日々の中で「マジメで堅い」公務員集団が知恵を絞りながら、恐る恐る一歩ずつ歩みを進めています。日頃「マジメで堅い」仕事に従事せざるをえないからこそ、「くまモン」という触媒がその呪縛を解いてくれるのかもしれません。それは、職場ではなく、職員に作用しているのです。

くまモンは熊本愛にあふれたキャラクター

《チームくまモンの仕事の流儀》独占しない

くまモンは県庁の各部署のほか、選挙管理委員会、教育委員会等々、県組織の至るところで活躍しています。そこには、くまモンを「独占しない」という考えがあるからです。

熊本県庁を訪れると、多くの職員が、くまモンのイラストがついたウィンドブレーカーを着ていることに驚かれるでしょう。それも同じものではなく、それぞれ所属ごとにデザインが異なっていたりもします。多くの職員にも愛されている証しです。

たとえば、私たちはくまモンの「営業部長」の肩書を、「県産品を売る」というよりも「熊本県を売る(知名度を上げる)」という意味合いで使っています。もし、「農業県熊本の営業部長」としてくまモンを独占していたら、農林水産物はPRできても、観光の誘客には不適であり、別のキャラを作るほかなかったかもしれません。

「キャラクターバイブル」というのだそうですが、身長や体重、誕生に至る由来、趣味特技、好きな食べ物等々、アニメや小説の登場人物(キャラクター)の個性を決めておくと、あとはキャラクターが独り歩きすることができます。つまり「キャラを立てる」わけですが、くまモンは、「熊本生まれのやんちゃな男の子」以外は、ほとんど決めごとがありません。

『くまモンの成功法則 愛され、稼ぎ続ける秘密』(幻冬舎)。書影をクリックするアマゾンのサイトにジャンプします

たとえば、くまモンが「阿蘇山麓で生まれた」とすれば、同じ熊本県内でも阿蘇地域以外の方は距離を置くでしょう。「サッカーが大好き」となれば、野球少年は悲しむでしょう。くまモンを自分色に染めることができるように、あえて「色をつけない」ようにしています。

白衣を着せた「ドクターくまモン」、刺し子の法被を着せた「消防団くまモン」等々、それぞれの制服を着せることができるのも、シンプルなデザインであるがゆえです。もちろん、熊本県のキャラクターとして、「熊本のおいしいものをたくさん食べて太った」といった熊本愛にあふれたキャラクターであることは間違いありません。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。