くまモンが変えたマジメな公務員という呪縛

その裏側では恐る恐る一歩を進めている

2019女子ハンドボール世界選手権大会のTシャツを着たくまモン(写真:ⓒ2010熊本県くまモン)
ゆるキャラブームは終わったと言われるなかで人気を保つ「くまモン」をプロデュースする、「チームくまモン」も、元はといえば、PRもキャラクタービジネスも経験ゼロの地方公務員集団でした。熊本県庁職員を中心にくまモンをプロデュースする「チームくまモン」が、その仕事の流儀を明かした『くまモンの成功法則――愛され、稼ぎ続ける秘密』から、くまモンの知られざるエピソードを紹介します。

財政課からくまモンを活用したいと相談

ある日、県の中でも「マジメで堅い」財政課から、思いもしない相談を受けたのが「くまモン債」です。皆さんも「国債」については、ご存じのはず。少なくとも名称くらいは聞いたことがおありか、と。大雑把に言えば、その地方自治体版とお考えください。2014年度第2回全国型市場公募地方債の公募に際して、くまモンを活用したい、との相談です。愛称を「くまもとが好きだモン債」としたい、との希望も持たれていました。

財政課といえば、くまモンの活動費用を含め、課の、否、県全体の予算編成権を持っています。徒(あだ)やおろそかにはできません。

「県の施策での活用ならば、ストレートに『くまモン債』にすれば?」

との逆提案をしましたが、

「PRすべきは『くまもと』なので、少し長くなるが『くまもとが好きだモン債』にしたい。もちろん、『くまモン債』と呼ばれる分には構わないが」

と、思考が堅いのか、はたまた柔らかいのか、判断しかねる返事です。

「ついては、個人投資家の方々に関心を持ってもらい、購入につながるようなアイデアがほしい」とのこと。地方債は、国債と異なり、各地方自治体がそれぞれで販売します。その利率は各県横並びで差別化が難しいのだそうです。ゆえに、くまモンを活用して差別化を図りたいと考えての相談です。もちろん多額の予算をつぎ込むわけにはいきません。

ちょうど、相談を受けた時期は、来年度のカレンダーの製作に取り掛かっていました。それゆえ、毎年発行するのであれば、購入された個人投資家にカレンダーを返礼として贈ったらどうだろうかとの提案をしましたが、できれば課オリジナルが望ましいと言います。

次ページ熟慮した結果、提案したのは…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。