MINIが「くまモン」に白羽の矢を立てたワケ

コラボは全国に広がり、来店者増も実現した

MINIくまモンバージョン(MINIのイギリス・オックスフォード工場、写真:ⓒ2010熊本県くまモン、撮影:宮井正樹)
ゆるキャラブームは終わったといわれるなかで、まだまだ高い人気を保つ「くまモン」。熊本県庁職員を中心にくまモンをプロデュースする「チームくまモン」が、その仕事の流儀を明かした『くまモンの成功法則――愛され、稼ぎ続ける秘密』から、くまモンに白羽の矢を立てたBMW MINIとのコラボの裏側を紹介します。

ある日、小山薫堂さんからサプライズな電話がありました。

「(BMW)MINIから、くまモンバージョンのMINIをくまモンにプレゼントしたいと言ってきているんですが、どう思われます? イギリスのオックスフォードにMINIの工場があって、よければご招待する、ということらしいんですが」

外国自動車メーカーからの寄贈、受けてしまって大丈夫?

なんだかトンデモないことになってきたと、課内が沸き立つなか、ちょっと待てよ、と冷静になることも必要です。熊本県は、カーアイランド九州といわれる国内自動車産業の集積地の一角を占め、国内自動車メーカーの傘下企業が、多数立地しています。その国内自動車メーカー各社を差し置いて、よりによって外国の自動車メーカーから寄贈を受けることになれば、国内メーカー各社が何と言うか……。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

くまモンを預かるくまもとブランド推進課は、当時、県の組織では商工観光労働部に所属していました。商工観光労働部には企業立地課があり、企業誘致に他県としのぎを削っています。同じ部の中にあるくまもとブランド推進課が、他課に迷惑をかけるわけにはいきません。おっとり刀で部長室に走ります。

「……というわけで、どうしたものかと思い、相談に参りました」

「……わかった。悪い話じゃない。むしろよか話だが、ちょっと時間をくれんや」

部長の動きは速く、関係する企業の幹部に経緯を説明し、話をまとめてくれました。

次ページ「くまモン、入りません!」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。