MINIが「くまモン」に白羽の矢を立てたワケ

コラボは全国に広がり、来店者増も実現した

MINIは単なる移動手段ではなく、エネルギッシュで楽しい、オーナーの相棒のような存在の車。同じく元気いっぱいで親しみやすいくまモンに協力してもらって、より幅広い層に訴求していきたいと考えた、とのこと。なるほど。

松本さんに会ってお話を重ねるうちに意気投合し、お互いに話が盛り上がり、今回のコラボ企画はだんだんと大きなものになっていきました。最初は、7月中旬の3連休に合わせ、全国のディーラーで来場者に「(通称)くまモンMINI」のステッカーをプレゼントし、実物の展示は熊本県内のディーラーに展示するだけの予定だったのですが、県外のディーラーでも展示したいというのです。

熊本県にとっても、MINIにとっても見事な結果に

「くまモンMINIのステッカーは大好評で来場者が14パーセントも増えたんですよ。夏枯れのこの時期にこれはすごい数字です。そこで、8月にはぜひ全国のディーラーでくまモンMINIを展示したいのですがいかがでしょうか?」

「それって、複数台作るってことですよね?」

「ええ、全国115店のうち70店で展示したいと考えています」

「ということは、70台?」

「ええ、そうなります」

『くまモンの成功法則――愛され、稼ぎ続ける秘密』(幻冬舎)。書影をクリックするアマゾンのサイトにジャンプします

「……こうしましょう。来場者の方々向けに、熊本の観光PRをしてもらえませんか? ポスターやパンフレットはこちらで用意します。『くまモンMINIに乗って熊本に行こう!』みたいなイメージです。それなら県にとっても意義のある企画になります」

「来場者には来場記念品とか渡しますよね。それも熊本県産品にできませんか」

と付け加えるのも忘れません。

おかげさまで、熊本とは縁もゆかりもない国内各地に点在するMINIの100店のディーラーで(熊本フェアーは、実車を展示しなかった30店舗でも行われました)熊本の観光と特産品のPRを行うことができました。1円の県費もかけずに。MINIにとっても、来店者数が前年比約110パーセント増、新規顧客は118パーセント増という見事な結果となりました。

《チームくまモンの仕事の流儀》もったいない

「少しデザインを変えるだけでグンと便利になる日常品。人を喜ばせるチャンスをみすみす逃しているお金の使い道。次に生かされないまま忘れられていく失敗。世の中の至るところで、引き出されないまま眠っているモノやコトの価値。それらに気づき、『惜しい』『自分だったら』と思うことこそ、アイデアを生む最大の原動力だ」と小山薫堂さんは著書『もったいない主義』で述べています。

チームくまモンにとって「もったいない」は原点です。「もったいない」からくまモン営業部長が誕生したように、海外老舗ブランドとのコラボもまた「もったいない」からどんどん広がりました。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT