レノンさん射殺犯、10回目の仮釈放申請却下

仮釈放を再び検討するのは2年後

 8月23日、ニューヨーク州刑務所当局は、ジョン・レノンさんを射殺した罪で服役しているマーク・チャップマン受刑者(写真)について、10回目となる仮釈放の申請を却下したと明らかにした。1月撮影。提供写真(2018年 ロイター/New York State Department of Corrections and Community Supervision)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - ニューヨーク州刑務所当局は23日、元ビートルズのジョン・レノンさんを射殺した罪で服役しているマーク・チャップマン受刑者(63)について、10回目となる仮釈放の申請を却下したと明らかにした。

当局は、チャップマン受刑者の仮釈放と社会の安全は両立できないとの見解を示し、仮釈放を再び検討するのは2年後となるとした。

レノンさんは1980年12月8日、マンハッタンの自宅前で射殺された。チャップマン受刑者は禁錮20年から終身の刑で服役している。

レノンさんの妻、オノ・ヨーコさんはチャップマン受刑者の仮釈放に強く反対している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT