レノンさん射殺犯、10回目の仮釈放申請却下

仮釈放を再び検討するのは2年後

 8月23日、ニューヨーク州刑務所当局は、ジョン・レノンさんを射殺した罪で服役しているマーク・チャップマン受刑者(写真)について、10回目となる仮釈放の申請を却下したと明らかにした。1月撮影。提供写真(2018年 ロイター/New York State Department of Corrections and Community Supervision)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - ニューヨーク州刑務所当局は23日、元ビートルズのジョン・レノンさんを射殺した罪で服役しているマーク・チャップマン受刑者(63)について、10回目となる仮釈放の申請を却下したと明らかにした。

当局は、チャップマン受刑者の仮釈放と社会の安全は両立できないとの見解を示し、仮釈放を再び検討するのは2年後となるとした。

レノンさんは1980年12月8日、マンハッタンの自宅前で射殺された。チャップマン受刑者は禁錮20年から終身の刑で服役している。

レノンさんの妻、オノ・ヨーコさんはチャップマン受刑者の仮釈放に強く反対している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。