レノンさん射殺犯、10回目の仮釈放申請却下

仮釈放を再び検討するのは2年後

 8月23日、ニューヨーク州刑務所当局は、ジョン・レノンさんを射殺した罪で服役しているマーク・チャップマン受刑者(写真)について、10回目となる仮釈放の申請を却下したと明らかにした。1月撮影。提供写真(2018年 ロイター/New York State Department of Corrections and Community Supervision)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - ニューヨーク州刑務所当局は23日、元ビートルズのジョン・レノンさんを射殺した罪で服役しているマーク・チャップマン受刑者(63)について、10回目となる仮釈放の申請を却下したと明らかにした。

当局は、チャップマン受刑者の仮釈放と社会の安全は両立できないとの見解を示し、仮釈放を再び検討するのは2年後となるとした。

レノンさんは1980年12月8日、マンハッタンの自宅前で射殺された。チャップマン受刑者は禁錮20年から終身の刑で服役している。

レノンさんの妻、オノ・ヨーコさんはチャップマン受刑者の仮釈放に強く反対している。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。