「メディア起業家」の時代がやってくる

ビジネス書のカリスマ、ダニエル・ピンク氏に聞く

 『ハイコンセプト』『モチベーション3.0』など、時代の変化を敏感に察知しながら、新しい提案でビジネス界に一石を投じてきたダニエル・ピンク氏。 『人を動かす、新たな3原則』では、新しい時代のセールス観について説いている。デジタル革命によりメディア業界の「売り方」「稼ぎ方」はどう変わるのか。セールスとメディアのこれからについて聞いた(聞き手:渡部典子)。

ビッグデータ時代に重要なのは「見抜く力」

――ツイッターやSNSなどでみんながコメントし、世の中はいろいろな情報であふれかえっている。まさにビッグデータの時代だが、それによってセールスにどんな影響が及ぶのだろうか。

ビッグデータによって、「同調」に敏感になり、「明確性」が重視されると思う。

まず、顧客に対する同調は、はるかにやりやすくなる。人々が何を考えているか、何に関心を持っているかについて、実際に根拠が得られるからだ。そして、明確性ももっと重視されるようになる。というのは、こうした情報がすべて入手できるので、みんなにそのことを納得してもらう必要があるからだ。

ただ、すべてのデータがあるからといって、すべてを理解しているわけではない点に注意しなくてはならない。私たちがすべきなのは、そうしたデータを入手したら、どれが重要で、どれが重要ではないかを見分けることだ。そして3歩後ろに下がって、全体像を見ていく。

――あなたの著作は世の中の変化やトレンドをとらえた提案が多いが、未来を思い描くために、どのようなことをしているのか。

作家であることのすばらしさのひとつは、大勢の人々と話をして、通常よりも多くのことを知ることができることだ。私はたくさんの質問をするが、これは何かを学ぶうえで、かなりよいい方法だ。いろいろなことを知っている人を探して質問をする。

関係ない分野にもアンテナを張る

それから、情報や興味のあることに対して、ある種の「スポンジ」を持ったほうがいい。私はつねにメモを持参し、アイデアや気になったことを書き留めるようにしている。

たとえば、このページには「Miyazaki」とある。これは今回の出張で、誰かから、宮崎駿監督が『風立ちぬ』という新しい映画を出したことを聞いたから、ぜひ見ようと思ったのだ。来日の目的はビジネスなのに、なぜ宮崎映画を見たいのかと思うかもしれない。私はもともと彼の映画が好きだが、それは生き方、ストーリーの作り方、創造力とは何かを教えてくれるからだ。

それから、「1つ目は無料」と書かれているのは、エージェントと本のタイトルの話で盛り上がったから。フレーズだけで、内容はまったく考えてないけれど(笑)。

こうやって気になったことを書き出して、定期的に振り返る。ほとんどがたわいないものだが、たまにすごくヒントになることが見つかる。それから、自宅のオフィスには、新聞や雑誌の記事の切り抜きを集めた「インボックス」という大きなファイルがある。

次ページ既存メディアには恐怖の時代
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。