電子たばこ「JUUL」はニコチンが多すぎる?

イスラエル、米国製人気商品の販売を禁止

「ジュール・ラブズ」製の電子タバコ(写真:REUTERS/Martinne Geller)

[エルサレム(ロイター)] - イスラエルは8月21日、シリコンバレーのスタートアップ「ジュール・ラブズ(JUUL)」製の電子タバコの輸入と販売を法的に禁止することを明らかにした。同タバコには国民の健康に懸念を生じさせる量のニコチンが含まれているというのが、その理由だ。

イスラエル保健省は禁止の理由についてその声明文で、このジュール製の器具は1ミリリットルあたり20ミリグラム以上の濃度のニコチンを含んでおり、「国民の健康に深刻なリスク」をもたらすと述べている。

アメリカの電子タバコ市場の7割を占める人気商品

このフラッシュドライブほどの大きさの電子タバコ喫煙具は、2015年の発売以来、アメリカ市場の状況をガラリと変え、現在は把握されている電子タバコ販売量の70%近くを占めるまでになっている。

ベンチャーキャピタルのデータベースを持つピッチブックは、ジュールの企業価値について、最近の資金調達ラウンドに基づき150億ドルと見積もっている。

次ページ見当違い?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT