電子たばこ「JUUL」はニコチンが多すぎる?

イスラエル、米国製人気商品の販売を禁止

ジュールは21日に発表した声明文で、イスラエル政府の判断を「見当違い」と指摘し、「非常に失望している」と述べた。このサンフランシスコの企業は、禁止措置に対し告訴の計画があると延べ、同社製器具は喫煙者に「可燃性タバコの真の代替手段」を提供すると付け加えている。

このイスラエルの動きは欧州における同様の制限と一致するものであると、保健省の声明文は述べる。

ネタニヤフ首相が署名

(写真:REUTERS/Martinne Geller)

15日以内に施行されるこの禁止措置は、保健相も兼務するベンヤミン・ネタニヤフ首相により署名された。

イスラエルのハアレツ紙は5月、ジュール社製電子タバコはすでに全国30カ所で購入することができると報じている。

ジュール社は対象顧客を成人の喫煙者としているが、同社製品が10代の若者に人気があるとの調査結果に直面してきた。

アメリカ食品医薬品局は4月、未成年に対する電子タバコとタバコ製品の販売、特にジュール・ラブズの開発した製品の販売について、取り締まりを強化している。

(記者:ダン・ウィリアムス、編集:デイビッド・グレゴリオ、トム・ブラウン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT