「グーグルは違法に個人の行動を追っている」

スマホ利用者がグーグルを提訴

8月20日、米アルファベット傘下のグーグルが、iPhone(アイフォーン)とアンドロイド搭載スマートフォンの利用者数百万人の行動を違法に追跡していたとして、カリフォルニア州に住む男性が補償などを求めてサンフランシスコの裁判所に提訴した。北京で8日撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[20日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルが、iPhone(アイフォーン)とアンドロイド搭載スマートフォンの利用者数百万人の行動を違法に追跡していたとして、カリフォルニア州に住む男性が補償などを求めてサンフランシスコの裁判所に提訴した。

17日付の訴状によると、グーグルはスマホ上の位置情報サービス「ロケーション履歴」をオフにすれば追跡されないと利用者に虚偽の説明をした上で、実際には行動を追って記録し、同州のプライバシー保護法に違反したという。

原告の男性は、ロケーション履歴をオフにして安心していたiPhoneとアンドロイド端末の利用者のための集団訴訟として認定することも要請している。

グーグルのこうした行為については13日にAP通信が報道し、プリンストン大学のコンピューター科学研究者グループが事実だと確認した。

グーグルはコメント要請に返答していない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。