わずか10cmの車間に収める「NY」の路駐事情

丸山ゴンザレスがマンハッタンに見たカオス

ニューヨーク市ソーホーの石畳(写真:deberarr/iStock)

アメリカ・ニューヨークは、ジャーナリストの俺にとって取材で訪れる街だ。特にここ数年は何度となく滞在している。なぜかといえば、「都市は生き物である」との認識があるからだ。つねに変化が生まれて、訪れるたびに違った姿を見せてくれる。

最近では、世界中の街を取材することが増えたせいか、これまでに見えなかったことも見えるようになってきた。いろんな街と比較することで、この街が独自の発展をしている場所だと感覚的につかむことができた。アジアやアフリカのスラム街、東ヨーロッパの路地、香港のビル群のすき間……。特に似たにおいを感じたのは新宿、それも歌舞伎町だった。このにおいを感じ取ったとき、はじめて街を「立体的」に見ることができたと思う。

街をリポートするときに俺は「立体的に見る」ということが多い。これは、ガイドブックやテレビ番組がクローズアップするいい部分や、インスタグラムやフェイスブックに投稿されるきらびやかな部分と対をなす存在を織り込んで見るということだ。

カオスを内包した都市・ニューヨーク

ニューヨークは人口およそ2000万の巨大都市で、多くの人種や職業の人が集まり、想像できる種類の犯罪や社会問題は必ずある。拙著『GONZALES IN NEW YORK』でも詳しく取り上げているが、売春はあるし、ドラッグも頻繁に売買されている。マフィアもいるし、ギャングもいる。超セレブの家の近所に餓死寸前のホームレスがいたりする。おびただしい量のカオスを内包した都市なのだ。

たとえば、マンハッタンには駐車場がほとんどない。あるにはあるが、個人の敷地か高級レジデンスの地下にあるくらいである。日本にあるようなコインパーキングは皆無で、路上のパーキングメーターぐらいだろう。そこに駐車できない人たちはどうしているかといえば、路上駐車である。

アメリカ全般に言えることだが、駐車場がなくても車が買えるのだ。車庫証明とかは必要ないらしい(州によって違ったりするので断言はしないが)。そのため駐車場を持たないカーオーナーは一般的。路駐するのも必然というわけだ。

次ページ停めちゃいけない場所もある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。