雌と雄のある世界 三井恵津子著

雌と雄のある世界 三井恵津子著

三十数億年前、地球に存在していたのは雌も雄も区別のない単細胞生物だった。1個の細胞が細胞分裂によって2個の娘細胞を作り出し生き続けていたが、いつからか雌の個体と雄の個体ができ、複雑巧妙な仕組みを通して自分自身と同じような個体を作る生物が増えるようになった。

雌と雄があることで生物には想像以上に多様性が生じる仕組みが備わっているという。遺伝子が混ざり合うため、多胎児の場合以外は親・兄弟姉妹とも違う唯一無二の個体が誕生するからだ。

著者は化学雑誌の編集長も務めたサイエンスライター。生物界の進化を「雌と雄」「細胞」から考察し、iPS細胞やクローン技術など、最先端のトピックもわかりやすく解説している。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。