雌と雄のある世界 三井恵津子著

雌と雄のある世界 三井恵津子著

三十数億年前、地球に存在していたのは雌も雄も区別のない単細胞生物だった。1個の細胞が細胞分裂によって2個の娘細胞を作り出し生き続けていたが、いつからか雌の個体と雄の個体ができ、複雑巧妙な仕組みを通して自分自身と同じような個体を作る生物が増えるようになった。

雌と雄があることで生物には想像以上に多様性が生じる仕組みが備わっているという。遺伝子が混ざり合うため、多胎児の場合以外は親・兄弟姉妹とも違う唯一無二の個体が誕生するからだ。

著者は化学雑誌の編集長も務めたサイエンスライター。生物界の進化を「雌と雄」「細胞」から考察し、iPS細胞やクローン技術など、最先端のトピックもわかりやすく解説している。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT