「ラジオ」止まらぬ高齢化、若者呼び戻せるか

スマホ・AIスピーカーで変わる音声メディア

一方で「音声コンテンツすべてのリーディングカンパニーになりたい」と息巻くのは、TOKYO FMを運営するエフエム東京の森田太・執行役員編成制作局長。実際、TOKYO FMは全国39のFM局と協力し、今年4月から「WIZ RADIO」というスマホ聴取アプリの配信を開始した。無料でエリアフリーの機能を利用できる。

生放送そのものだけでなく、放送された楽曲を試聴できたり、番組のポッドキャストやオリジナルコンテンツも聴けたりする。radikoに先んじてターゲティング広告機能を搭載したことも特徴だ。「ラジオというくくりで一緒くたにされては困る」という意思の現れかもしれない。

競合する音声コンテンツが勃興

もちろん、音声コンテンツはラジオだけではない。スマートスピーカーの登場で注目度が高まったのが、“声のブログ”とも呼ばれる新興ボイスメディア「Voicy(ボイシー)」。2016年9月からサービスを提供している。ラジオの新たな競合となる可能性がある一方、学べることも少なくなさそうだ。

「Voicy」にはタレントなど幅広い発信者が投稿している(画像:Voicyアプリ画面をキャプチャ)

ボイシーは実績のあるキャリアコンサルタントから大人気テレビ番組のディレクター、二児を持つ小児科医、美容業界で働くワーキングマザーといったパーソナリティをオーディションで選び、チャンネルを無料で開設する。

最近はインフルエンサーや著名な起業家も名を連ねる。緒方憲太郎社長は「スペシャリストの話を聞きたい人は絶対にいる」と話す。ラジオ以上にニッチな需要に応えられる可能性を秘める。

スマホとスマートスピーカーは、ラジオにとって新たな市場を作った。台頭してきた新たな音声コンテンツとの競争の中で自らを磨き挙げ、再び若者に振り向いてもらえるか。真価が問われるのはまさにこれからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT