新型「ジムニーシエラ」乗ってわかった実力

軽自動車「ジムニー」との明確な違いと共通点

操作を妨げる不快な振動はない(筆者撮影)

もっとも、シフトレバーが長いことから前後方向のシフトストローク、左右方向のセレクトストロークともに大きく、シフト操作はカプチーノのように手首の動きだけとはいかない。

しかし、操作を妨げる不快な振動はなく、またシフトゲートの入り口まで持っていくとスッとレバーを吸い込まれるようにシフト操作が行えるなど、毎日の運転が楽しくなることは確認できた。

また、未舗装路では機械式副変速機を「4L」側で走行していたためシフト操作に忙しくなるシーンがあったものの、先の良好なシフトフィールのおかげでシフトミスを誘発しやすい3→2速へのダウンシフトも難なく行えた。

「実はXメンバーを追加したことでシフトレバーにとっても有利な面が生まれました。フレームに5MTのシフトレバーユニットの取り付け部分を1カ所、トランスミッションにも2カ所の合計3カ所とすることでシフトレバーの振動を大幅に低減することができたのです」(前出の野添氏)

パワー不足の声も聞かれたが

市場では、ジムニーシエラの1.5Lエンジンに対してパワー不足の声も聞かれる。しかし今回、筆者が試乗したシーンでは8%の登り勾配路がダラダラと続くシーンにも出くわしたものの、OD(オーバードライブ)スイッチを解除し3速を保持して走行すれば3人乗車でも不満はなかった。

「ジムニーシエラの開発にあたりドイツのアウトバーンにおける推奨速度である130km/h巡航をテストしていますが、まったく不足がないと認識しています」(前出の米澤氏)という。次はじっくり高速道路での試乗のほか、可能であれば5MTも含めジムニーシエラの実力を改めてチェックしてみたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT