新型「ジムニーシエラ」乗ってわかった実力

軽自動車「ジムニー」との明確な違いと共通点

細かく見れば、カーブの途中で段差や凹みを超えた際の挙動とその収束はジムニーシエラが穏やかで一発で決まるのに対し、ジムニーで同じカーブを同じ速度で走ってみると横方向への加速度が強く収束には余韻が残ることがあった。

乗り味が大枠で共通しているように感じられたことを、ジムニー/ジムニーシエラの開発主査である米澤宏之氏(スズキ四輪商品第二部チーフエンジニア)に伺ってみた。

「スプリングレートやダンパー減衰特性については2車で細かく仕様を変更しています。これはジムニー本来が持っているすっきりとした軽やかさをジムニーシエラでも実感していただくためです」(米澤氏)

伝統のラダーフレーム

伝統のラダーフレームはどうか?

ラダーフレームはジムニー、ジムニーシエラとも共通だ(筆者撮影)

「ラダーフレームは2車とも共通ですが、過去からご好評をいただいている悪路での走破性能をさらに向上させつつ、舗装路での乗り心地を向上させるためXメンバーや追加メンバーを前後に入れています。結果的に体感値としてジムニーの乗り味に従来型ジムニーシエラの美点でもあった、しなやかさが上乗せされたのかもしれません」と語るのは、野添直人氏(スズキ四輪ボディ設計部第二設計課係長)だ。

ジムニーシエラでは筆者にとって未試乗の5MTモデルだが、ジムニーの5MTに乗った印象でいえばジムニーシエラの5MTもオススメだ。

祖母谷聡和氏(スズキ四輪トランスミッション設計部第二課係長)によると、「軽スポーツカーである弊社の「カプチーノ」(1991年~1998年販売)に搭載していた5MTをベースに開発したのが今回の5MTです。実は過去のジムニーにもこのカプチーノの5MTをベースにしたものがあり、当時のお客様からは大変喜ばれました。今回はそうした過去にご好評いただいていた良いところを存分に伸ばし適合させています」という。

実際、その操作性能はとても高く、本格的なクロスカントリーモデルとは思えないほどにシフト操作がカチッと決まる。

次ページシフト操作は…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT