会社をやめた人がイデコで5万円取り戻す法

イデコを放ったらかしにしていませんか?

「自動移換」というのは、企業型確定拠出年金に加入していた人が中途退職後、自分の資産を移す手続きをせず6カ月経過し、その資産を国民年金基金連合会が現金で仮預かりしている状態を言います。

仮預かり口座に「資産放置」していたらすぐiDeCoに移せ

驚くべきことにこの金額は総額で2000億円近くあります。「仮預かり」とはいえ、自分が預けている資産から毎月手数料が51円ずつ引かれています。仮預かりですから、運用もできず、60歳になったとしてもiDeCo等正規の口座に移さないかぎり、自分のお金であるにもかかわらず受け取ることもできません。

そんな「仮預かり」の口座に、200万円以上の資産を置いている人が1万6006人(2017年3月末時点)もいます。運用ができないわけですから、増えることはなく、着実に手数料分だけ引かれているのです。これはできるだけ早いうちに解消したほうが良いと思います。

「もしかしたら自分も資産放置してしまっているかもしれない」と気になる方は、基礎年金番号をお手元に用意して、国民年金基金連合会の自動移換者専用コールセンター 03-5958-3736(平日9:00~17:00)に電話すれば確認することができます。もし自分のお金が「自動移換」になってしまっているのなら、自分のiDeCoの口座に移してください。

これについては厚生労働省も問題視して対策を検討し、5月からはiDeCoや企業型の新規加入者が「自動移換」している資産がないか確認し、「同一人物と特定できればその資産を本人の口座に移す」という取り組みを始めました。

しかしながら、結婚によって「姓」を変えていたりすれば同一とみなされず、移されることはありません。転職した際には、移換なり勤務先情報の変更なり手続きが必要ですので、必ずコールセンターに連絡してください。

人生100年時代、ぜひ将来の自分のために、うまくiDeCoを活用してください。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。