衝撃!アマゾンはこんなところまで荷物を運ぶ

標高3524メートル地点にも毎朝配達

「顧客がいるところでは、どこでも便利な配達を利用してもらえるようにしたい」。アマゾンのグローバル・ロジスティクス担当バイスプレジデントのティム・コリンズはこう話す。「そのうちに、お金の問題は解決できる」。

アマゾンのこの戦略は、レーで電気店を営むナワン・シスパのような商人をいら立たせる。彼によると、アマゾンがより速く配達を行うようになってから、携帯電話とそのアクセサリーの売り上げが10%減ったという。

それでも、販売員たちは負けてはいない。ある販売員は新しいオッポのスマートフォンを、アマゾンよりわずかに安い値段で16歳のジグマット・アモに売った。アモはその前にアマゾンでハンドバッグとバレエシューズを買ったが、届いた商品がサイトの写真とは違うように見えたので、アマゾンには少し不信感を持っているという。

アマゾンの使い方を教える仕事も

町の中心地にある食品・雑貨店の店主は、彼にもアマゾンにもチャンスはあると見る。彼は食料品とオムツなどの雑貨を売って活発な商売を行っているが、それらの品々は消費者が欲しいときにすぐに手に入れたい商品だ。

(写真:Atul Loke/The New York Times)

「アマゾンはレーでは新参者で、インターネットの状態はあまり良くない。それに、オムツみたいなものを注文したら、1週間から10日くらい待たなくちゃならない」

アマゾンの商品配達と倉庫の管理を行っているランドルは、それらの仕事に加えて、アマゾンでの注文の仕方を皆に教えていると言う。「アマゾンで働く前は、友人は僕のことをエシャイと呼んでいた。いまでは、みんなは僕をアマゾンと呼ぶんだ」。

アマゾンの仕事をする前は、旅行客を連れて寒くて長い山道を案内していたという彼は、いまの仕事のほうがずっといいと言う。ただ、時には重い商品を持って、少し山道を登らなければならないこともあるのだが。

(執筆:Vinda Goelgd、Atul Loke、翻訳:東方雅美)
© 2018 New York Times News Service

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT