衝撃!アマゾンはこんなところまで荷物を運ぶ

標高3524メートル地点にも毎朝配達

ヒマラヤの山間部にあるレーでは、昨秋からアマゾンの配達サービスが始まった(写真:Atul Loke/The New York Times)

ヒマラヤの山間部、インドのレーという小さな町が、中国との国境近くにある。現代のテクノロジーからは、取り残されたかのようにも見える町だ。インターネットと携帯電話のサービスは不安定で、外の世界に通じる2本の道路は冬には雪で閉ざされる。山の上の一等地には、仏教寺院と軍の前哨部隊が場所を争うようにして共存する。

しかし、ここには毎朝、デジタル時代の便利なサービスがやってくる。アマゾンからの荷物を15個から20個ほど載せた飛行機が到着するのだ。標高3524メートルのレーは、アマゾンがスピーディな配達を提供する場所としては、世界の最高地点だ。

地元の配送会社が配達

ニューデリーからの飛行機が到着すると、アマゾンが提携している地元の配送会社、インクレディブル・ヒマラヤのスタッフが出迎える。彼らは荷物を車で近くの小さな倉庫に運ぶ。倉庫では、インクレディブル・ヒマラヤのオーナーの甥である、26歳のエシャイ・ランドルが荷物の仕分けを監督し、自分で配達もする。

(写真:Atul Loke/The New York Times)

配達人はアマゾンが定めているルールにきちんと従わなければならない。つま先の開いていない靴を履き、身だしなみを整えて、IDカードを表示し、フルに充電された携帯電話を持ち歩く。

アマゾンがこの地域に配達サービスを始めたのは昨年の秋のことだ。インドの隅々まで、よりよいサービスを提供しようという方針の一環だ。郵便局に代わってインクレディブル・ヒマラヤが配達を始めてから、売上数量は12倍になった。郵便局はサービスが遅く、しかも顧客が自分で荷物を郵便局に取りに来なければならなかった。

アメリカ企業のグローバル戦略において、インクレディブル・ヒマラヤのような地元の提携企業は不可欠な存在だ。特に、UPSやフェデックスといった、従来の配送会社に頼らないのであれば、なおさらのことだ。最近アマゾンは、同社のアメリカの配送ネットワークに、小規模な会社がもっと加わるよう呼びかけるプログラムを発表した。

レーは地理的にも、文化的にもチベットに近い町だ。仏教寺院が3万人の住民の宗教的なニーズに対応し、中国との間でまだもめている国境は、軍が警備をしている。

次ページ衣料品からキッチン用品までアマゾンで購入
関連記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。