ビットコインの価格が急激に戻り始めたワケ

8月10日前後に「重要な決定」がある?

下落していたビットコインの価格が戻り始めている。主に2つの理由があるようだ。なにか背後に動きがあるのだろうか(写真:Anesthesia/PIXTA)

ビットコインの価格が明らかに上昇し始めている。1単位70万円台前後でくすぶっていたが7月中旬辺りから反発基調を強めており、現在では6月10日以来となる90万円台を回復(7月24日夜時点)。100万円も視野に入っている。「ジリジリと上昇する」といった動きではなく、大口の買い戻しと思われるような動き(特に7月18日)で、一気に駆け上がった印象を受ける。結論から言えば、需給的な要因とETF(上場投資信託)組成に対する思惑がビットコイン価格を押し上げたと考える。

仮想通貨を売っていた大口投資家が買い戻した?

実は、直近、仮想通貨関連で伝わっているニュースとしては、どちらかというとネガティブなほうが多かった。たとえば7月10日はアメリカの調査会社のトレフィスが、年末のビットコイン価格予想を1万2500ドルから1万ドルに下方修正したことが、米経済誌への寄稿で明らかとなっている。

それでも、こうした環境のなか、ビットコイン価格は反発を強めた。材料としては以下の2つがあげられそうだ。一つ目は需給面である。お世辞にも良いとは言えない地合いでの上昇の背景としては「大口の売り方による買い戻し」が考えられる。

株や為替の世界では、年初来高値を更新したタイミングで上げ幅を広げるケースが多々見られる。これは、売りポジションを持っていた投資家が、高値更新のタイミングであきらめて買い戻しを入れるからである。売り方のポジションが多い銘柄ほど、こうした値動きは見られるので、株の世界では信用倍率は重要な指標である。

一方、仮想通貨の世界では、正直なことろ、売り方のポジションは見えない。それゆえ、今回の筆者の考えは推測の域を超えられない。それでも、昨年12月に米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、CBOE(シカゴ・オプション取引所)でビットコイン先物の売買が誕生して以来、ヘッジファンドなど大口の投資家による仕掛け的な売買は増加傾向にあると考える。

次ページ百戦錬磨の投資家にビットコイン市場が魅力的な理由
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT