不謹慎?ハワイ「噴火ツアー」ブームの現実

地元住民は複雑な表情

2018年6月、キラウエア火山の溶岩が太平洋になだれ込む様子を船から観察する観光客(2018年 ロイター/Terray Sylvester)

[ホノルル 12日 ロイター] - シェーン・ターピンさん(39)は長年、米ハワイ島キラウエア火山の溶岩が、数キロにわたってゆっくりと斜面を下り、太平洋に注ぎ込む地点に観光客を船で案内してきた。

だが5月に火山が噴火し、溶岩流が彼や隣人たちの家を灰にしたことで、ツアーを一時中止した。

「海沿いの家が燃えていたときには、船を出すのをやめた」と、ヒロの町でラバ・オーシャン・ツアーズを経営するターピンさんは言う。「私の隣人たちの家だ。私も、そこに住んだことがある」

だが、火山噴火の影響により、生活の再構築を迫られている多くの島民たちのように、ターピンさんも仕事に戻り、世界的に活発な活火山であるキラウエア山の噴火を見たがる観光客の需要に応えている。そうした需要は、火山の噴火後、増えているという。

「人生は、思いがけない事が起こるもの。受け止めて前に進むか、そうしないかのどちらかしかない」と、ターピンさんは言う。

「溶岩観光」は、今やブームに

5月3日に始まったキラウエア山の噴火活動は、鎮まる様子をみせていない。「亀裂8」から噴出した溶岩は、太平洋に面したカポホ地区の民家数十軒を飲み込んだ。ターピンさんがツアーで立ち寄っていた景色のよいカポホ湾は、溶岩で埋まってしまった。

そして、噴火後に一時下火になっていたハワイ島の「溶岩観光」は、今やブームとなっている。ヘリコプターやボートによるツアーを運営する業者は、観光客を喜ばせつつ、自宅を失ったり避難生活を続ける数千人の地元住民を敬う姿勢も示そうとしている。

次ページ溶岩ツアーは大人気
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。