キラウエア噴火、避難しない人たちの言い分

高レベルの二酸化硫黄は危険なのに…

[ハワイ島パホア (ロイター) ]- ハワイ島に5つある火山のうちの1つであるキラウエア火山の噴火活動が強まっている。その結果、定年退職者を含む何百人もの人々が自宅から避難する事態に追い込まれた。

米国地質調査所はウェブサイトによると、キラウエア火山は、前の週に何回もの地震が起きた後、5月3日に噴火を始めた。

1700人が居住するレイラニエステートとラニプナガーデンズの住民の多くは、公共事業当局が道路の割れ目から吹き出す蒸気と溶岩を報告した後、民間警備会社による避難命令を受けて退避した。

死者や負傷者は報告されていない

「私のところに溶岩洞がある」と噴火中に溶岩が流れる地下の自然トンネルを指して、レイラニエステートの住民、デール・ミラーさん(58裁)は言った。「どこもかしこも、まるでスイスチーズだよ」。

「家の下に何かがあるような感じ。大きなへびが家の下で動いているようなイメージだ」とリーさんは言う。彼は、火山のそばに住むようになって8年になるが、避難しなければならなくなったのは今回が初めてだという。

民間の警備会社は地元に住む人々に対し、避難命令を出した理由の1つとして、火山付近で発生している高レベルの二酸化硫黄(火山ガス)をあげている。このガスは皮膚炎や呼吸困難を起こしうる危険なものだ。

次ページ「切迫した危険は感じなかった」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT