ビル・ゲイツ、アルツハイマー病研究に寄付

「将来は簡単な検査で診断できるようになる」

アルツハイマー病(写真:REUTERS/Yuri Gripas/Files)

[シカゴ(ロイター)] - ビル・ゲイツ氏とエスティ・ローダー・カンパニーズのレナード・ローダー名誉会長は、アルツハイマー病早期発見のための新しい検査の開発促進を狙いとして、3年間で3000万ドルを提供すると、17日に明らかにした。

マイクロソフトの共同創業者であるゲイツ氏にとって、この診断アクセラレータプログラムの立ち上げは、脳萎縮を引き起こす認知症の治療法開発のために産業界と政府を結び付けることを目指すベンチャーキャピタルの認知症研究基金(Dementia Discovery Fund)に5000万ドルの私財を投じるという昨年11月の発表に続くものだ。

個人的な経験も投資を決めた理由

ゲイツ氏は、アルツハイマー病と闘う家族を持つという個人的な経験も、投資を決めた理由の一部であると述べた。

最も一般的なタイプの認知症であるアルツハイマー病は、世界中の約5000万人が闘う病気であり、国際アルツハイマー病協会によると、患者数は2050年までに1億3100万人を超えると予想されている。

ゲイツ氏とローダー氏が提供したのは、ローダー氏が設立したアルツハイマー治療薬研究基金(ADDF)を通じて診断の共同研究を行なうための資金だ。さらに、ドルビー・ファミリーやチャールズ・アンド・ヘレン・シュワブ基金などの他の慈善活動団体も、ゲイツ氏らに続く見通しだ。

次ページ世界中の科学者や臨床医の活動資金として使用
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT