強いフランス、5大会ぶりにW杯優勝の栄冠

決勝戦でクロアチアを4-2で破る

7月15日、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の決勝戦では、フランスがクロアチアを4─2で破り、5大会ぶり2度目の栄冠に輝いた。写真はマンジュキッチのオウンゴールでフランスに先制を許した。代表撮影(2018年 ロイター)

[モスクワ 15日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、決勝戦を行い、フランスがクロアチアを4─2で破り、5大会ぶり2度目の栄冠に輝いた。フランスの優勝は自国開催の1998年大会以来。

モスクワのルジニキ・スタジアムで行われた決勝戦では、5度目の出場で初優勝を狙う国際サッカー連盟(FIFA)ランキング20位のクロアチアと、3度目の決勝進出を果たした同7位のフランスとの激戦となった。

前半18分にマリオ・マンジュキッチのオウンゴールでフランスが先制。クロアチアに追いつかれたが、アントワーヌ・グリーズマンが同38分にペナルティーキックを決め、フランスが再びリードして折り返した。

選手と監督の両方でW杯に優勝したのは3人目

後半に入りフランスのポール・ポグバとキリアン・エムバペがそれぞれ追加点を決め、クロアチアもマンジュキッチが1点返したが及ばなかった。

フランスのディディエ・デシャン監督は、現役時代の1998年フランス大会では主将を務めて優勝を果たしており、今回の勝利で、マリオ・ザガロ氏(ブラジル)とフランツ・ベッケンバウアー氏(ドイツ)に続く史上3人目の選手と監督の両方でのW杯優勝経験者となる。

デシャン監督は選手らから胴上げされた後、自分のことよりも関係者と選手全員でつかんだ勝利と強調。若いチームが世界の頂点についたとし、「きょうはミスもあったが、メンタル的なクオリティーにものを言わせることができた」とコメントした。

また、2016年欧州選手権で優勝を逃した痛い経験から多くを学んだとし、「欧州王者になっていたらきょう優勝することはできなかったかもしれない」と振り返った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT