福岡発「無料タクシー」の意外と堅実な稼ぎ方

23歳、クリエイター社長の夢に資金も集まる

すでに広告の依頼も来ており、数万円単位で依頼をする地元の飲食店から、高額の広告費を出す大企業までさまざま。依頼内容に合わせ、映像制作のノウハウを駆使して広告を作っていく。ただ見て終わりになるCMだけではなく、たとえば広告画面を触ると、情報がスマートフォンに飛び、その場で商品が買えたり、ユーザーの好きそうなイベント情報があれば、その場でチケットを購入し、タクシーの行き先を変えたりすることも可能だという。

無料タクシーのサービスに既存のタクシー事業者からの反発はないのか。意外にもサービスをリリースしたとき、個人タクシードライバーなどから問い合わせが殺到したという。

待遇の悪さに辟易するドライバーにも福音か

「労働力を業界から奪おうとしているわけではないが、タクシー業界の待遇の悪さを実感せざるをえない」(吉田氏)。ある大手タクシー会社社長は、「あのビジネスモデルは面白い。参考にできるところは学びたい」と話しており、実際にコンタクトを取るタクシー会社も出ている。タクシーというインフラを使って広告ビジネスを収益化できれば、まったく新しい市場を生み出せる、これがノモックの狙いだ。

それにしても、このビジネスモデルは本当に成り立つのか。ノモックの無料タクシーでは、広告収入だけでドライバーの人件費などをまかなわなければならない。吉田氏の試算では、「業界平均よりも多い収入をドライバーに払える」というが、車両代や燃料費、維持費のほか、システム開発費もかかることを考えると、収益化は容易ではないだろう。

また人材採用も課題だ。現在は社員4名と、海外にアウトソーシングしている20人のエンジニアがいるが、集客のための営業、システム運用、広告制作、タクシー業務と、今後多くの人材が必要になってくるためだ。そうこうするうちに、調達した5000万円はすぐになくなってしまうだろう。新たな資金調達については、エンジェル投資家やベンチャーキャピタル、IT企業などと対話を進めており、中国から投資したいという話も出ているという。

もう一つ、大きな課題として、規制への対応がある。2015年、ウーバーが福岡市で行ったライドシェアの実証実験で、乗客からは運賃をもらっていなかったが、ドライバーにデータ提供料として報酬を支払っていたことで「白タク業務の疑いがある」として、国土交通省の九州運輸局から中止指導を受けたことがある。

『週刊東洋経済』7月9日発売号(7月14日号)の特集は「ビジネスヒントはここにある!すごいベンチャー100」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

過去の事例からもわかるように、輸送業務は規制による参入障壁がある。国交省の担当者は、「報道ベースでしか運用形態を把握しておらず、どこかのタイミングで(ノモックに)聞き取りをするつもり。現在の見解は示せない」とコメントしている。ノモック側は、地元福岡のタクシー会社の元副社長・宇高良一氏を顧問に迎え、対策を考えているという。

サービス開始までに乗り越えなければならない課題は多いが、ノモックは2019年3月から、福岡で8台の運営を実験的に開始する予定だ。事前登録をした利用者が繰り返し乗ることで、タクシーでの移動と購買の関係性をデータとして集める。「“無料”で話題を呼んでおり、希望者全員を乗せられないかもしれない」(吉田社長)と自信を見せる。前代未聞の「無料タクシー」。その船出の準備が着々と進んでいる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。