日立の世界戦略「英国新幹線1396両」の勝算

5月の業界再編で米国に新ライバルも出現

仏アルストム製の高速列車TGV(手前)と独シーメンス製の高速列車ICE(奧)(記者撮影)

日立を取り巻く環境は2017年の衝撃的なニュースで一変する。シーメンスとアルストムが鉄道事業を統合すると発表したのだ(「鉄道メーカー世界2位と3位が統合する事情」)。2社は中国や日立の動きを見て、生き残りのためには規模のメリットが重要との判断に至った。売り上げ2兆円規模の巨大企業の誕生を認めるかどうか、欧州委員会が目下審査中だ。

日立の鉄道事業部門を率いるアリステア・ドーマー執行役専務は、「シーメンスとアルストムの統合で競争相手が1社減る」と話しつつも、「IoT(モノのインターネット)やデジタル技術を活用して日立の競争力を高めないといけない」と警戒感を強める。

GEの鉄道子会社も合併で巨大化

さらに追い打ちをかけるニュースが5月に飛び込んできた。米ゼネラル・エレクトリック(GE)は業績立て直しに向けたリストラの一環で事業売却を進めており、鉄道部門・GEトランスポーテーションの売却を決断。機関車や鉄道部品を製造する中堅メーカーの米ワブテックに吸収合併させることを発表した。合併は2019年初めに完了する見込みだ。

GEトランスポーテーションがトルコ国鉄向けに製造した機関車(記者撮影)

ワブテックによれば統合初年度の売上高は80億ドル(約9000億円)が見込まれるという。実現すれば日立を抜き去り、ビッグスリー並みの規模にのし上がる可能性が高い。GEもIoTやデジタル技術に強みがあり、日立と競合する局面も増えそうだ。

世界の鉄道産業は日立が想定する以上のスピードで動いている。2020年代に1兆円という目標はもはや十分ではないかもしれない。次のM&Aを真剣に考えないといけない時期が迫りつつある。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT